窓1.8mギャラリー

実家の駐車場上事務所の道路側ガラス面を利用して
オンラインの世界につながっていない人も試し読みができる
漫画ギャラリーを企画・運営します。

道路からの高さも、(一番低いところで)背の高い人の身長ほど、
使える固定ガラスの縦横が約1.8mというのが、ギャラリー名の由来。

中二階なので、しっかり反射して明瞭感には欠けますが
公園や美大に近く、
子どもやおじいちゃんおばあちゃん、大学生の生活道に直結しています。

 

思いおこせば、竣工直後。
ご近所へのご挨拶時に、全面道路に迫る事務所を見て
「ギャラリーか何かされるんですか?」とも聞かれましたが、
画期的な活用の道を思いつくことなく、幾年月。

今回の新型コロナウィルス自主隔離期間をきっかけに
#わたしたちに今できること を考えた結果、
太陽光が容赦なく直撃する、原画に優しくない展示条件を考えて
子どもも楽しめる漫画を紹介することにしました。*子ども向きという意味ではありません。

「新しい生活様式」の中で
事務所を通りがかる人々のささやかな楽しみとなり
かつ、作家さんの活躍を応援できる場ができれば、と考えています。

「窓1.8mギャラリー」の模様は、
ツイッター、インスタグラムでご紹介する予定です。

目次

STAY HOMEの住宅街と蓮華畑の立て札

買い物に出るたび「みんな何してるんだろう?」と考えずにはいられない町の静けさ。
何が特別に変わった訳でもない住宅街の風景が、
すごく変わったように見えたのは私だけでしょうか。

一方、そもそも露天、通気抜群の商店街は元気で
人の姿に安心感がありました。

新コロナウィルスの自主隔離期間中
うちも家で子どもをみることになったのですが
真っ暗な部屋でありったけのぬいぐるみを総動員し、
自称「考えごと」をする姿に、これはまずいと、
境内をオープンにしているお寺さんで遊ばせてもらうようになりました。

そんなある日の真如堂。満開の蓮華畑を見つけて。

駆け寄ってみたところ
「どうぞ中に入って摘んでください」の小さな立て札を目に。

たった一言ですが、緊張がほどけました。
人の姿はありませんでしたが、商店街で感じたのと同じ安心感がありました。

テディベアを探しに行こう

世界でも自主隔離期間に
社会的距離を確保しながらできる、さまざまな過ごし方が開発されたそう。

特に、なるほどと目を引いたのは
「Teddy Bear Hunt:テディベアを探しに行こう」という記事。

もとは、イギリスの作家Michael Rosenという作家の
子ども向けの本「We’re Going on a Bear Hunt」からヒントを得て
子どもの散歩の楽しみとなるよう、
近所の家々が手持ちのぬいぐるみを窓辺に置き始めたそう。

photographed by Nicolas Gonzalez

真如堂の「どうぞ中に入って摘んでください」の立て札と
この「テディベアを探しに行こう」。

知恵をしぼれば、だれでもすぐに始められることは
まだまだたくさんあることに気付かされました。

本屋さんができないことをやってみる

京都には、ついつい立ち寄りたくなるユニークな町の本屋さんがたくさんあります。
独自のセレクションで文化を発信する本屋さんは
大手のネット通販とは一線を画す存在。

ですが、町の本屋さんは行かないと本に出会えない。

先般の自主隔離期間で、本屋さんですら行けない状況になってみて、
初めて気づきました。

確かに、大手ネット通販書店には「試し読み」サービスがあります。
ですが、著者名か著作を知っていないと検索できないから
オフラインの世界が断たれると、知らなかったら、出会えない。

いやいや、そんなの非常時だけの問題でしょ、という声も聞こえてきそうですが
子どもや高齢者など、もともとオンラインの世界につながりの薄い人にとっては
どうやら非常時だけの問題でもなさそうなのです。

そこで考えました。

絵本から少し文字の多い本に挑戦できるようになった子どもには
ハードルの低い四コマ漫画の世界。
子どもだけでなく、活字が重くなってきた大人にもやさしいんです。

テディベアの向きを変えるくらいの手軽さで
本屋さんにはできない、私たちのきっかけづくりができたら、
もしかしたら住宅街で感じた違和感を埋めるヒントになるのかも、と
そんなことを考える今日この頃です。

目次
閉じる