ミラボについて

3–lab/ミラボは、2005年に小谷友樹・吉田裕枝の二人で活動をはじめた
京都の建築設計事務所です。

周辺エリアを含めたリサーチや対話を重ね
自由で風通しのよい、持続的な場のデザインを目指しています。

小谷友樹 Tomoki Odani
一級建築士
吉田裕枝 Hiroe Yoshida
一級建築士(管理建築士)

小谷友樹(おだに ともき)

東北大学大学院卒業後、1995年より約25年間、株式会社設計組織アモルフ(京都)にて住宅や店舗デザインの他、全国各地の旅館やホテルの改装・新築を手がける。

2020年より大阪芸術大学、大阪工業大学で大学非常勤講師をつとめる。

吉田裕枝 (よしだ ひろえ)

Yale大学大学院卒業後、長谷川逸子・建築計画工房株式会社(東京)にて、生涯学習施設のワークショップやオペラ舞台美術コーディネート、市立公園の実施設計等、国内外の公共空間の立ち上げに携わる。

2001年より成安造形大学・京都芸術大学で
2020年より京都芸術大学大学院で非常勤講師をつとめる。

2018年に学位取得(環境科学博士)
文化的景観にある「景観の関係性」に着目し、750年の景観の何が淘汰し、何が継承されたのかについてを考察した。

2018-2020年インバウンド向けフードガイドとしても活動。


「大掃除」や「模様替え」のように
そこにある魅力を発掘し編集する

建築のデザインが、プロダクトや家具などと違うのは
必ず敷地があり、他との関係なしには立ち上がらないところです。

そこにある状況をさまざまな視点から整理検討しながら
わかる形でイメージを共有し
未来へつなげられる、ミニマルな落としどころを探します。

ソフトとハードの両面から
バランスのとれたものづくり

宿などの継続的な改修を行う施設設計に25年の経験のある小谷と
公共空間のリサーチや建築企画に経験のある吉田の持ち味を生かし
ソフトとハードの両面から、バランスのとれた場をデザインします。

Contactページ


業務内容:
建築設計・建築監理/インテリア設計・監理/コンセプト立案/商品企画/展示空間プロデュース/コンサルティングなど

受賞歴

2013
日本建築学会近畿支部 グリーンコンクリート研究センター設計競技 佳作
「コンクリートと木のコラボレーションによる持続可能な住まいと地域住環境の設計」
第3回サービス付き高齢者集合住宅の設計(木を纏うコンクリートと「中庭」と)

2012
「UCHU wagashi」がEuro Shop JAPAN SHOP Award 一般部門優秀賞

2007
「ミラボと実家」が関西電力E・家くらし 住まいの設計コンテスト優秀賞

2003
財団法人吉岡文庫育英会 第一回研究助成 最終三案選出
「新しいライフスタイルを提案するこれからの駅研究プロポーザル」
薄布のようにしなやかな「鉄道」デザインの提案(醒井智子と協働)


事務所概要

一級建築士事務所 ミラボ
所在地:京都市左京区一乗寺築田町85-1
設立:2005年5月
代表:吉田裕枝 小谷友樹
登録:京都府(02A)第00390号
電話:075-202-4844
メール:Contactページ

もくじ
閉じる